タイガー・ウッズはいつ復帰できるのか?


スポンサーリンク


タイガー・ウッズは、PGAツアー非公式戦も世界ランク対象トーナメントである昨年のヒーローワールドチャンレンジに出場して、無事に4ラウンドをプレーしました。

その後、2017年の年明けにファーマーズ・インシュランス・オープン、欧州で開催されるオメガドバイデザートクラシック、1週のオープンウィークを挟んで、自身の財団が主催するジェネシスオープン、ホンダクラシックと5週で4戦に出場するスケジュールであることが発表されました。

しかし、ファーマーズ・インシュランス・オープンで予選落ちをした後、オメガドバイデザートクラシックで初日に77を出した後、腰の違和感、痛みで棄権し、そのままツアーから離脱してしまいました。

マスターズ・トーナメントには、公式記者会見リストに、タイガー・ウッズの名前が記載され、代理人も出場の可能性があることを示唆するなどしたため、注目されたのですが、最終的には欠場することを選択しています。

そのタイガー・ウッズの今後が注目されていたのですが、タイガー・ウッズの大学時代からの友人であり、現在はNBC/Golf Channelのアナリストを務めるノタ・ビゲイ3世が”The Rich Eisen Show”での電話インタビューで復帰の見通しについて話しています。

“[The Masters] probably wouldn’t have been the best place for Tiger to start the year out after this most recent setback and I think we should probably look, maybe something just after the Players Championship.”

Eisen then asked about Woods playing in the U.S. Open at Erin Hills.

“Oh, it’s a definite possibility,” Begay said. “That’s probably the event that’s circled on his calendar, but he’s got to at least get one or two starts in before that to see where his body, where his game’s at and if he can hit the shots he wants to hit.”

手術を受けた「腰に再び問題が生じた後に、ツアー復帰する場所としてマスターズ・トーナメントはタイガー・ウッズにとってベストの場所ではなかったのかもしれない。」とマスターズ出場を回避した理由について話し、「プレイヤーズチャンピオンシップの後あたりに注目すべき」だと話しています。

2017年のプレイヤーズチャンピオンシップは5月11日から14日にかけて開催されるため、その後となると5月中旬以降となります。その時期あたりが復帰する可能性がある時期だとノタ・ビゲイ3世は話しています。

さらにインタビューで「全米オープンでプレーする可能性」について質問されたビゲイは「十分に可能性がある。ことによると全米オープンの日程が彼のカレンダーには印がつけられているかもしれない。しかし、彼の身体やゲームがどのような状態であるか、思い描くなようなショットを打つことができるか、などを確認するために、最低でも1試合から2試合は出場するはずだ。」と答えています。

復帰戦となる可能性があるトーナメントは?

ザ・プレイヤーズチャンピオンシップから全米オープンにかけての日程は以下のとおりとなっています。

  • 05/11 – 05/14:ザ・プレイヤーズチャンピオンシップ
  • 05/18 – 05/21:AT&Tバイロン・ネルソン
  • 05/25 – 05/28:ディーン&デルーカインビテーショナル
  • 06/01 – 06/04:ザ・メモリアル・トーナメント
  • 06/08 – 06/11:フェデックス・セントジュード・クラシック
  • 06/15 – 06/18:全米オープン

ザ・プレイヤーズチャンピオンシップでは2001年と2013年の2回、AT&Tバイロン・ネルソンは1997年に1回、ザ・メモリアル・トーナメント1999年、2000年、2001年、2009年、2012年の5回、それぞれ優勝しています。

ディーン&デルーカインビテーショナルの開催されているコロニアルでは、1997年に4位タイとなっているのですが、プレーしているのはその年だけとなっています。

2勝しているプレイヤーズチャンピオンシップも、復帰戦の候補となってもおかしくはないのですが、メジャーに匹敵する大舞台にいきなり出場するのは故障明けのタイガーにとってはあまり適しているとは言えません。

そのためリハビリが順調に進んでいった場合には優勝経験のあるAT&Tバイロン・ネルソン、ザ・メモリアル・トーナメントなどが有力な候補となると予想されます。

ただ、AT&Tバイロン・ネルソンは優勝したのが1997年とかなり前のことで、2005年に予選落ちして連続予選通過が142試合でストップした以降は出場していません。

そうなると絞り込まれるのは過去に5勝しているメモリアル・トーナメントとなります。

メモリアル・トーナメントのミュアフィールドビレッジは、8勝しているアーノルドパーマー・インビテーショナルのベイヒル、同じく8勝のブリヂストン・インビテーショナルのファイヤストーンカントリークラブ・サウスコース、7勝のファーマーズ・インシュランス・オープンにトーリーパインズなどに次いで、相性の良いコースとなっています。

タイガー・ウッズのリハビリとトレーニングが順調に進めば、復帰戦がメモリアル・トーナメントとなる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク