選手生命も危ぶまれたタイガー・ウッズが、ヒーローワールドチャレンジ2017で予想を大きく上回るパフォーマンスを見せました。

健康面に問題がないだけにとどまらず、18名という小さいフィールドではありましたが、トッププレイヤーのみが出場したヒーローワールドチャレンジの4日間で8アンダーで9位タイという結果を残しました。

2018年の復活に向けて、大きな期待が高まる結果と内容だったのですが、そうなると注目されるのはマスターズ・トーナメントに向けたタイガーのスケジュールです。


スポンサーリンク


2018年のタイガー・ウッズのスケジュールについて米メディアのGOLF WEEK電子版が予想しています。

タイガー・ウッズ自身はバハマで来年の出場予定について明かすことはありませんでした。

Woods hasn’t revealed what tournaments he plans to play next despite being asked multiple times this week in the Bahamas, where Woods finished T-9 at the Hero World Challenge.

“I think that we’re going to sit down here (and) we’re going to figure out what’s the best way for me to build my schedule for the major championships: play how much, what my training cycles are going to be and play enough but don’t play too much,” Woods said on NBC. “I don’t know what golf courses I’ll be playing and what’s the best way to go about it. We’ll sit down with the whole team and we’ll figure it out.”

メディカから幾たびも来年のスケジュールについて質問を受けたものの、それを明かすことはありませんでした。

トレーニングのサイクル、多すぎず少なすぎない出場スケジュールなど、メジャートーナメントに向けてベストな道を模索する時間をチーム全体で持つため、どのコースでプレーすることになるのはわからない、と話したことが伝えられています。

その上でGOLF WEEKのブレントリー・ロマイン(Brentley Romine)氏の予想した、2018年の出場スケジュールを以下のとおりとなっています。

Date Tournaments 出場
01.04 セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ X
01.11 ソニーオープン・イン・ハワイ
01.18 キャリアビルダチャレンジ
01.25 ファーマーズ・インシュランス・オープン O
02.01 ウェイストマネジメント・フェニックスオープン
02.08 AT&Tペブルビーチ・プロアマ
02.15 ジェネシスオープン O
02.22 ホンダクラシック O
03.01 WGC-メキシコチャンピオンシップ X
03.08 バルスパーチャンピオンシップ
03.15 アーノルドパーマー・インビテーショナル O
03.22 WGC-デルテクノロージーズ・マッチプレー X
03.29 ヒューストン・オープン
04.05 ★マスターズ・トーナメント O

マスターズは歴代優勝者には出場権が与えられているため、本人が望めばいつでも出場できます。しかし、世界ゴルフ選手権は世界ランキングが基本的な基準となるため、そこまでに複数回優勝などの劇的な復活がないと出場が見込めない状況です。

ファーマーズ・インシュランス・オープンのトーリーパインズはタイガー・ウッズの得意コースの一つです。
ファーマーズ・インシュランス・オープンで8回、2008年全米オープンを含めると9度優勝するなど得意コースの一つです。2017年は初戦にこのファーマーズを選びましたが予選落ちしています。ロマイン氏は今年は同じ週に開催されるヨーロッパツアーのオメガドバイデザートクラシックに出場しない場合には、ここが初戦となることが有力だと予想しています。

ジェネシスオープンはタイガー・ウッズ財団の主催トーナメントのため、健康面に問題がなければ出場することが濃厚です。

ロマイン氏はファーマーズ(オメガドバイ)に出場した後の4週間で、2試合に出場することを予想しています。それをベースにするとTPCスコッツデールのウェイストマネジメント・フェニックスオープン、ペブルビーチのAT&Tペブルビーチプロ・アマも候補となります。

TPCスコッツデールで、タイガー・ウッズが最近プレーしているため、出場を検討している可能性があります。AT&Tペブルビーチプロ・アマは2012年を最後にプレーしていませんが2000年に優勝したことがあります。

ですが、タイガー・ウッズ自身が好きなトーナメントでホームゲームであるホンダクラシックの出場を選ぶことを考えると、TPCスコッツデールとペブルビーチへの出場はスケジュールをタイトにします。ロマイン氏はペブルビーチにエントリーする可能性はあるものの、現時点ではそうはしないだろうと予想しています。

アーノルドパーマーインビテーショナルが開催されるベイヒルでは、優勝が8回とタイガー・ウッズが最も得意とするコースの一つです。
WGC-メキシコ、WGC-マッチプレーの出場権がなく、そこに至るのはかなりハードルが高いのが現実です。
ベイヒルでプレーするとホンダクラシックから中2週、そしてマスターズトーナメントまでは中2週と、体に負担をかけずにプレーの質を高めることができます。

このような体への負荷とコースとの相性を理由にロマイン氏はマスターズ前の最後の調整としてアーノルドパーマーへの出場を予想しています。

2017年はファーマーズインシュランスオープンからオープンウィーク無しでドバイへ移動した結果、腰を本格的に痛めてしまい選手生命の危機に陥りました。それを考えると無理な連戦は組まないことが濃厚です。そのためロマイン氏が選んだ4試合がマスターズまでのスケジュールとなる可能性が高いと考えられます。

ヒーローワールドチャレンジのプレーで復活への期待が高まるタイガー・ウッズの2018年の初戦がどこになるのか、公式な発表が待たれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク